8月が終わり、今日から9月ですね。

今日から新学期が始まった下の子は、今朝も元気に学校へ行きました。

 

 

  そんな長い夏休みの間に、長野県にある美ヶ原高原へ行ってきました。

行きに松本市美術館も立ち寄りました。あの、草間彌生先生の水玉ワールドです(笑)。

IMG_20170827_122956 IMG_20170827_123049 IMG_20170827_131729

常設展では、草間先生の生涯と作品の展覧。水玉がすぎる作品に、子供たちも心奪われていました(笑)。

また企画展では、「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」などの背景画で有名な、山本二三展が開催されていました。

写真のような精巧な背景画から、水彩画特有の淡いタッチの背景画まで幅広く描かれていて、さすが世界の山本二三と、こちらも心奪われる空間になっていました。

山本二三先生は長崎県出身ですが、岐阜県大垣市で学生時代を過ごした経歴に、なぜかとても親近感を抱いたのでした。

滞在時間を予定より大幅にオーバーし、思い切り松本市美術館での時間を堪能し、いざ美ヶ原高原へ・・・  

 

 

美ヶ原高原へは今回で3回目の滞在です。

前回2回は春と冬、美ヶ原高原の山本小屋というところに宿泊しましたが、今回は山頂の「王ヶ頭ホテル」の予約が取れ、念願の王ヶ頭ホテル滞在ができました。

IMG_20170827_165527

靄の中にうっすらと見えるのが王ヶ頭ホテルです。

 

ここ美ヶ原高原は国定公園に指定されているため、宿泊施設は国定公園指定以前からあった王ヶ頭ホテルと山本小屋しかありません。

しかもマイカー規制がかかっているため、ホテルのバスのみ入れるところなのです。

夏季は放牧がされており、とてものどかな風景が広がっています。

IMG_20170828_110227 IMG_20170828_104105 IMG_20170828_105016mini

これがうつくしの塔。霧の中迷わないための鐘の塔です。    

 

王ヶ頭ホテルは、とてもホスピタリティあふれるホテルでした。

標高2000mを超える場所にあるにもかかわらず、食事は抜群に美味しく、山の風景、高山植物、星の観察等も楽しめる、本当に心地のいい空間でした。

行きも1時間かけて寄り道しながら歩いてホテルへ向かいましたが(笑)、帰りも荷物はバスに任せて4人でトレッキングしながら、行きとは違うルートで車まで向かいました。

IMG_20170828_101122

すばらしい絶景が広がっていました!  

 

 

夏でも山頂は20度前後。冬はマイナス10度まで下がる美ヶ原高原。

皆さんもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。      

 

 

 

 

投資アパートは、RIAパートナーズへお任せください。  

田中 仁美
2017年9月1日 金曜日