外観

なぜ外観が大事なのか?

集客に根ざした外観デザインを次のように考えています。

gaikan_a

検索サイトで目立つ!

入居者募集に際して、一番重要なのが「この物件に興味を持ってもらう」ということです。検索サイトで大量に物件が探せる現代では、いかに同種の物件タイプと差別化するか?が重要なポイントになります。

gaikan_b

印象に残す!驚きのデザイン

部屋探しのお客様が現地内覧するお部屋は平均3.2件。(当社グループ調べ)規格品では出せない、細部までこだわりの詰まった外観は、インターネットで部屋探しが主流になっている中でも、現地で内覧する際の「実物」の印象に、大きなアドバンテージを残します。

外観デザインができあがるまで

オーナー様の想いがしっかりと反映された建物となるよう、デザインミーティングにはオーナー様にも積極的にご参加いただいています。

  • デザインミーティング

    gaikan1
    コンセプトボードや建物間取り図面をもとに、外観の仕上がりイメージを作っていきます。

  • ラフスケッチ

    gaikan2
    無機質な平面イメージから立体的に建物が立ち上がってくる瞬間です。

  • 素材や色味などをイメージに近づけていきます。

    gaikan3
    外壁材や装飾品、設備品といった外観を決定づけるマテリアルの選定を行います。新素材を使ったもの、従来の安定した製品といった大量の建材の中から、コスト、耐久性、加工の柔軟性、建物との相性などを総合的に鑑みて、最適なものを選定していきます。

  • イメージパースの仕上がりです。

    gaikan4
    実際の構造体、建材のテクスチャを元にした仕上がりイメージのパースを作成します。

gaikan5