構造

メインは木造、規模に応じて鉄骨造にも対応します。

ツーバイフォーで建てる木造建築の特徴

  • 面で支える強固な構造


    床、壁、屋根が一体となったモノコック構造(一体構造)のツーバイフォー住宅は地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。台風や地震などの力が一点に集中しないため、倒壊・損傷を防ぎ、外からの力に対して抜群の強さを発揮します。

  • 建築コストの抑制


    ツーバイフォー建築は、規格化された材料と施工工程により安定した施工供給が可能です。規格化されているため施工が短期間で可能で、建築コストを抑制します。

  • 品質管理された製材を使用


    壁も床も工場で一貫して製作し、現場へ搬入。行き届いた品質管理の中で製作された部材は抜群の品質を誇ります。
    湿気や結露の発生は、カビの繁殖や木材の寿命を早めるなど、住まいに悪影響を及ぼします。ツーバイフォー住宅は構造用製材に日本林業規格に基づいた乾燥材を使用し、壁内に断熱材を封入するなどの湿気対策は万全です。そのほかにも防錆効果の高い亜鉛メッキを施した耐久性の高い釘・金物を使用するなど、様々な面から住まいの耐久性を高める対策を行っています。

  • プレカット工場協力プレカット工場ストックヤード協力プレカット工場パネル製作過程協力プレカット工場出荷前
  • 耐火性能


    一般的な木造建築に比べ耐火性能を高めたツーバイフォー建築は外壁・床の構造が違います。RIAパートナーズの建物は準耐火構造を基本に建設区域の防火要件や建物の階数に応じてさらに高い耐火性を発揮する、耐火外壁・耐火床構造にも対応いたします。

  • 耐震性能


    軸組工法が柱や梁などを「点」で結合するのに対し、ツーバイフォー工法は、壁・床・天井・屋根パネルを構成し、それぞれを組み合わせて箱状の空間を作って建物を建築します。「面と線」によって6面体で建物を支えるので、地震に対する耐久性に優れています。

木造建築の最大のデメリット-音の問題

建材や居住空間設計を工夫することで音の問題を限りなく低くする研究を重ねています。
防音に関して詳しい内容はこちら