今年は大政奉還150周年ということで

世界遺産元離宮二条城へ行ってきました。

 

慶応3(1867)年10月14日

徳川家第15代将軍慶喜が天皇に対し

『従来之旧習を改め、政権を朝廷に帰し奉り』

とする上表を呈したのが大政奉還です。

初代家康以来、征夷大将軍として264年に

わたって保持してきた国内の行政に関わる権限は

天皇に移譲されました。

それから150年です!

 

1

 

まずは東大手門です。

屋根は本瓦葺で入母屋造り、棟には

鯱が飾られています。

 

その後、

 

2

 

唐門です。

切妻造、桧皮葺の四脚門で彫刻が

ふんだんに使われています。

外国人の方も含め、皆様ここで記念撮影していました。

門をくぐると

 

 

二の丸御殿です。

 

3

 

 

江戸時代の武家風書院造りの代表的なもの。

建物面積3,300㎡、部屋数33、畳は800畳。

障壁画、多彩な欄間彫刻や飾金具によって装飾されており

将軍の御殿として相応しく、豪華絢爛という言葉が

ピッタリでした。

 

日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城を

建築に携わる者として堪能させていただきました!

 

 

 

おまけ

10円玉!

 

10円

 

こちらも世界遺産平等院鳳凰堂。

宇治市ですから、お茶を一服!

 

茶

 

京都はいつ行っても勉強になります!

それでは、この辺で。

 

 

これから投資用アパート購入をお考えの方

是非RIAパートナーズにお任せください。

 

     デザイン建築部  村山 義洋

村山 義洋
2017年12月1日 金曜日