アパート経営のメリット

アパート経営は、家賃収入といった堅実な利益を得る事ができる安定した投資。将来の年金収入の予測が難しい現代、若い世代にも注目されている資産運用です。節税をはじめとした税務メリットが多く、借り入れによる生命保険効果も得られます。土地を所有していなくても、少ない自己資金でレバレッジ効果により大きな投資効果が図れます。

長期安定型の投資

景気動向に大きく左右されにくいのが、アパート経営の特徴のひとつです。長期にわたって安定した家賃収入がのぞめ、将来の年金代わりになります。家賃保証、滞納保証制度などを利用することでさらに安心です。

資金調達にレバレッジが効く

自己資金の範囲内でなければできないのが一般的な投資ですが、アパート経営は金融機関からの借り入れで自己資金以上の投資が可能です。レバレッジ効果が働き投資効率が高まりスケール感が増します。

節税対策として

アパート経営は多くの節税効果が見込める事業です。家賃収入と給与収入との損益通算による所得税軽減、入居者へ賃貸することによって資産評価を下げる相続税軽減などのメリットがあります。

着実な資産形成に

いつの時代も土地・建物は変わらない大きな資産です。アパート経営を行うことによって、毎月の家賃収入と不動産がお客様の資産となります。

副業として

会社員や公務員の方は原則としてアルバイトなどの副業は認められないケースが多数ですが、アパート経営は一般的に認められている副業です。

家賃収入を返済に充てられる

自宅などの借入金の返済は給与収入などからの返済となりますが、アパート経営は入居者の家賃で返済ができます。自己資金からの返済ではなく、他人資金から返済が行われ、さらに利益余剰金が残せます。